Posted by & filed under 業務内容.

 相続税財産評価は、財産評価基本通達といった画一的なルールによって、評価されるのが一般的 です。通常の宅地等については、このルールに従って評価しても良いのですが、特別な画地、例え ば、極端に形状が不整形な土地、市街地で急傾斜の土地、市街化調整区域内の大きな土地、間口 が小さく開発出来ない土地、河川敷を含む土地などの場合、適正な時価を不動産鑑定評価書により 判定し、申告する方が相続税が安くなる場合があります。

 このような場合は不動産鑑定評価書が有効となります。

 弊社では、弊社顧問税理士・提携税理士のアドバイスも受けながら、相続不動産の不動産鑑定評 価書を作成します。

相続財産評価のための鑑定評価